医療法人清明会やよいがおか・鹿毛病院
サイトマップ ご相談・お問い合わせ
患者様向け 医療関係者向け 採用情報
WWW を検索 サイト内を検索
患者様向けホーム 診療情報 入院情報 病院案内 施設紹介
診療に関する情報を知りたい
受診される方へ
診療案内
検査について知りたい
ドック(検診)を受けたい
お薬について知りたい
担当医のご紹介
理事長外来
一般内科・一般外科
循環器科
呼吸器外科
脳神経外科
消化器科
整形外科
放射線科
麻酔科
泌尿器科
リハビリテーション科
透析科
お見舞いメールを送る
循環器科
循環器かとは? 最小限の被害ですませるためには 心筋梗塞の治療 急性心筋梗塞の治療後の管理 循環器外来 再発を防ぐために 循環器科医のご紹介
循環器科とは?
循環器科とは、心臓及び全身の血管系の疾患を診療する科です。
心臓病は、高血圧・虚血性心疾患・不整脈・弁膜症・心筋症・先天性心疾患など多岐にわたります。血管疾患では、動脈瘤・静脈瘤・ASO(閉塞性動脈硬化症)など血管に関係する殆どの疾患を診療します。その他、肺循環腎臓に関する疾患を診療する場合もあります。
急性心筋梗塞とは
最小限の被害ですませるためには_画像 まずは命に最も直結する病気のひとつである急性心筋梗塞についてお話します。
心臓は筋肉でできており、その筋肉が収縮することによって全身に血液を送るポンプの働きをしています。心臓の筋肉も、常に収縮を続けているわけですから、血循環によって、必要な酸素や栄養分などを送ってもらわないと死んでしまいます。心臓の筋肉に血液を送るための血管が心臓の表面に走っており、その血管は冠動脈といいます。この冠動脈が動脈硬化などの影響でつまってしまうと、そこから先の心臓の筋肉は、血液を送ってもらうことができずに死んでしまいます。これが心筋梗塞という病気です。心臓の筋肉が死んでしまうことにより、不整脈や心不全(心臓の筋肉が死ぬことにより心臓の働きが落ちて心不全を発症することがあります。)などの合併症を起こすことがあり、急性心筋梗塞は医学の進んだ今日でも命にかかわる重篤な病気です。
ページの先頭へ

個人情報保護に関する当法人の方針 Copyright(c) やよいがおか鹿毛病院 all rights reserved.