医療法人清明会やよいがおか・鹿毛病院
サイトマップ ご相談・お問い合わせ
患者様向け 医療関係者向け 採用情報
WWW を検索 サイト内を検索
患者様向けホーム 診療情報 入院情報 病院案内 施設紹介
診療に関する情報を知りたい
受診される方へ
診療案内
検査について知りたい
ドック(検診)を受けたい
お薬について知りたい
担当医のご紹介
理事長外来
一般内科・一般外科
循環器科
呼吸器外科
脳神経外科
消化器科
整形外科
放射線科
麻酔科
泌尿器科
リハビリテーション科
透析科
お見舞いメールを送る
循環器科
循環器かとは? 最小限の被害ですませるためには 心筋梗塞の治療 急性心筋梗塞の治療後の管理 循環器外来 再発を防ぐために 循環器科医のご紹介
心筋梗塞の治療
心筋梗塞の治療には、薬剤で詰まった血栓を溶解する血栓溶解療法や、カテーテル治療があります。
つまっている血管をバルーン(風船)やステント(金属製の筒状の網)を用いて治療します。先ほども述べていますように急性心筋梗塞ではいかに早く血管を再開通させるかが鍵となりますので、当院ではカテーテル検査室に入る前の段階についてもいかに早く検査・説明・診断を実施するかという点についても力を入れて診療を行っています。
バルーンによる治療
バルーンを閉じた状態で血管のつまっているところまで挿入して、バルーンを拡張することにより血管を広げる治療方法です。
バルーンによる治療
スティント(金属製筒状の網)による治療
ステントはバルーンと同じように血管に挿入することのできる金属性の筒状の網です。ステントを使用すると血管がつまる原因となっている血栓(血のかたまり)を押さえつけたり、血管を広げた時にできる裂け目を押さえつけたりすることができ、治療した血管がつまりにくくなります。
ステントによる治療
急性心筋梗塞実際の治療
急性心筋梗塞実際の治療
急性心筋梗塞実際の治療
急性心筋梗塞実際の治療
治療前は矢印の部分で血管がつまっていますが、バルーンとステントを用いた治療で、血流が再開しました。
ページの先頭へ

個人情報保護に関する当法人の方針 Copyright(c) やよいがおか鹿毛病院 all rights reserved.