医療法人清明会やよいがおか・鹿毛病院
サイトマップ ご相談・お問い合わせ
患者様向け 医療関係者向け 採用情報
WWW を検索 サイト内を検索
患者様向けホーム 診療情報 入院情報 病院案内 施設紹介
診療に関する情報を知りたい
受診される方へ
診療案内
検査について知りたい
ドック(検診)を受けたい
お薬について知りたい
担当医のご紹介
理事長外来
一般内科・一般外科
循環器科
呼吸器外科
脳神経外科
消化器科
整形外科
放射線科
麻酔科
泌尿器科
リハビリテーション科
透析科
お見舞いメールを送る
循環器科
循環器かとは? 最小限の被害ですませるためには 心筋梗塞の治療 急性心筋梗塞の治療後の管理 循環器外来 再発を防ぐために 循環器科医のご紹介
急性心筋梗塞の治療後の管理は
カテーテルによる治療が終了しても、心不全や重症不整脈が起こる可能性があり、病態によっては集中治療が必要となる場合があります。
患者様が、補助心肺(IABP※)や人口呼吸管理が必要となった場合、循環器専用病室に入室していただき、循環器的な治療だけでなく,呼吸管理や、栄養管理、感染症対策などを講じます。集中治療が必要となった場合は、循環器医師だけでなく、呼吸器科医師、麻酔科医師、感染管理チーム(ICT)や栄養管理チーム(NST)が連携して、患者さんに最適な治療を提供します。また、生命を維持するために様々な機器が必要ですが、それらの管理は臨床工学科が担っています。
※IABP(大動脈内バルーンパンピング):心臓の収縮と拡張のタイミングに合わせてバルーンをしぼめたり、膨らましたりして、冠状動脈に対して流れる血液量を増やすとともに心臓にかかる負担を軽くする作用により、弱っている心臓の働きを手助けする装置
ページの先頭へ

個人情報保護に関する当法人の方針 Copyright(c) やよいがおか鹿毛病院 all rights reserved.