医療法人清明会やよいがおか・鹿毛病院
サイトマップ ご相談・お問い合わせ
患者様向け 医療関係者向け 採用情報
WWW を検索 サイト内を検索
患者様向けホーム 診療情報 入院情報 病院案内 施設紹介
診療に関する情報を知りたい
受診される方へ
診療案内
検査について知りたい
ドック(検診)を受けたい
お薬について知りたい
担当医のご紹介
理事長外来
一般内科・一般外科
循環器科
呼吸器外科
脳神経外科
消化器科
整形外科
放射線科
麻酔科
泌尿器科
リハビリテーション科
透析科
お見舞いメールを送る
整形外科
やよいがおか鹿毛病院では、様々な整形外科の疾患に対応しております。
 
整形外科とは? 整形外科の治療について どのような時にかかればよいのか? 整形外科医のご紹介
どのような時に整形外科にかかればいいのか?
整形外科にも様々な疾患と病状がありますが、主に下記のような病状があるときは一度整形外科医に見てもらうことをお勧めします。
骨が折れたとき・・・
ギブスや必要によっては手術、それに伴いリハビリでの治療をおこないます。骨折が直り骨がついた後に、関節が動かない、骨が曲がっていた、最悪な場合骨がくっつかないなど、年齢によって様々な問題が起こります。子供であれば、骨がまがってしまい、成長が遅れたり、大人であれば一日でも早く社会復帰できるよう、また高齢者であれば、寝たきりにならないよう、整形外科専門医による治療が必要となります。
切り傷、スジ(腱)が切れたとき
特に腱を切った場合、診断が難しいことがあります。肩があがらなくなったり、指の動きが悪くなったりしますが、診断が遅れると治療結果が悪くなり、最悪の場合にはスジ(腱)を縫うことができなくなります。また縫った後に、まわりとくっついて関節が動かなくなることもあります。したがって適切なリハビリテーションが必要です。
肩こり、腰痛、神経痛のとき
原因がどこにあるのか診断することが大切です。肩こりの場合には、くび(頚椎)または肩に、腰痛の場合には、主に腰に原因があります。レントゲン等で、骨の状態を検査してます。神経痛も多くは、くび(頚椎)やこし(腰椎)に原因があります。又、時には癌の転移による痛みもあります。したがって、しっかりした診断のもとに、治療することが、早く病気から開放される秘訣です。
関節が痛いとき
まず痛みの原因を確かめなければなりません。原因が外傷やスポーツと関係がないか、リウマチではないか、老化によるものかなど診断しなければなりません。それによって、治療も異なってきますが、原因としては、年をとったり、その上、体重がふえて関節が変形することによる関節痛が、最も多くみられます(変形性関節症)。多くの人は、関節のまわりの筋肉の力を強めたり、関節を暖ためたり、体重を減らすことで症状は軽くなります。しかし、病状が進行すると、手術に頼らなければ治らない場合もあります。(人工関節など)
骨が痛いとき
骨にできもの(骨腫瘍など)ができて痛くなることがあります。良性と悪性のものがあります。また高齢者では骨がもろくなって(骨粗鬆症)痛むことがあります。骨粗鬆症の場合、折れ易く倒れないように注意し、予防的に骨を強くする為の治療が必要になります。
ページの先頭へ

個人情報保護に関する当法人の方針 Copyright(c) やよいがおか鹿毛病院 all rights reserved.