医療法人清明会やよいがおか・鹿毛病院
サイトマップ ご相談・お問い合わせ
患者様向け 医療関係者向け 採用情報
WWW を検索 サイト内を検索
患者様向けホーム 診療情報 入院情報 病院案内 施設紹介
診療に関する情報を知りたい
受診される方へ
診療案内
検査について知りたい
ドック(検診)を受けたい
お薬について知りたい
担当医のご紹介
理事長外来
一般内科・外科
循環器科
呼吸器外科
脳神経外科
消化器科
整形外科
放射線科
麻酔科
泌尿器科
リハビリテーション科
透析科

お見舞いメールを送る
お薬について知りたい
お薬アラートメールはこちらをクリック
お薬の飲み方
食前

食事のおよそ 30 分前にお飲みください。
食物の影響を受けやすい薬や、血糖値をコントロールする薬、吐き気止めなどは食前の指示になっています。

食直前

食事をはじめる直前にお飲みください。薬を飲んだらすぐ食事を始めてください。
血糖値をコントロールする薬の中で、効果が早く現れるもの、食事と混ざり合って効果が現れるものなどが食直前の指示になっています。食事が遅れると血糖値が下がりすぎて危険なことがあります。

食後

食事の後30分以内にお飲みください。
多くの薬は食後に服用するように指示されています。
食後に飲むことによって胃粘膜への刺激が少なくなります。また、食後に飲む習慣をつけることでのみ忘れを防ぐことが出来ます。

食間
(食後2時間)

食間とは食後2時間位経った時間のことです。
胃の中の食物がなくなる食事のおよそ 2 時間後にお飲みください。
食べ物が薬の吸収に影響するものなどはこのような指示になっています。

食直後

食事をとったすぐ後に服用することです。
胃腸障害を起こしやすい種類の鎮痛剤や抗生物質、抗真菌剤などは、食直後に服用します。また、食後より食直後に服用する方が吸収のよい薬は、食直後に服用します。

○時間毎

体内での効果を持続させたい薬は、食事に関係なく一定の時間ごとにお飲みください。
ただし休養・安眠も必要です。多少は時間がずれても構いませんが、どの程度までなら良いかを確認してください。

ねる前 排便を促す薬や、夜間の発作を予防する薬、睡眠薬などは就寝のおよそ30分前にお飲み下さい。
頓服
(とんぷく)

発作の時や、症状のひどい時に一時的に飲むお薬です。
解熱剤、鎮痛剤、下剤、狭心症発作・喘息発作を抑える薬などがあります。
1回に飲む量は指示に従ってください。すぐ効かないからといって何回分も一度に飲むのは危険です。

ページの先頭へ

個人情報保護に関する当法人の方針 Copyright(c) やよいがおか鹿毛病院 all rights reserved.